検索結果

商品説明/表示/非表示
  • 商品カテゴリ:指定なし
  • 商品名:指定なし
  • 価格:999円以下
6件の商品がございます。
  • NEW
  • オススメ

1-1055
柿右衛門手陽刻鹿文白磁脚付5寸皿

価格応談
江戸前期<BR>柿右衛門手陽刻鹿文白磁脚付5寸皿です。焼成後350年前後経過したものと推測しています。濁し手の白磁で釉面の風合いからも時代の古さが伝わってくる磁器で、白磁の表面に陽刻で鹿が2匹表現されています。特筆すべきは蛇の目風の高台に3箇所脚がしつらえられ、独特の珍しい形状になっており、あっさりシンプルななかに、その時代の古さと、他に類を見ない形状が印象的なお品です。当時最高レベルであったと思われる丁寧な仕事ぶりが伺え、いかにも素性の良さを感じさせる、非常に希少で珍しい逸品です。<BR>管理コードDPCWBS-3360
江戸前期<BR>柿右衛門手陽刻鹿文白磁脚付5寸皿です。焼成後350年前後経過したものと推測しています。濁し手の白磁で釉面の風合いからも時代の古さが伝わってくる磁器で、白磁の表面に陽刻で鹿が2匹表現されています。特筆すべきは蛇の目風の高台に3箇所脚がしつらえられ、独特の珍しい形状になっており、あっさりシンプルななかに、その時代の古さと、他に類を見ない形状が印象的なお品です。当時最高レベルであったと思われる丁寧な仕事ぶりが伺え、いかにも素性の良さを感じさせる、非常に希少で珍しい逸品です。<BR>管理コードDPCWBS-3360

1-639
古伊万里藍九谷鴨図6寸皿5枚組

価格応談
江戸中期<br>古伊万里藍九谷鴨の図6寸皿5枚組です。渦を巻いた墨弾きの雲に秋草と鴨が描かれた風情のある図で、一枚一枚図に微妙なばらつきがあり、それがなにより時代を物語っています。時代的には藍柿(元禄期)よりさらに遡り寛文期(1661〜1672年)あたりのものかと考えています。<br>径186ミリ×高さ33ミリ<br>全体にフリモノはございますが、ホツやニュウは無く完品です。
江戸中期<br>古伊万里藍九谷鴨の図6寸皿5枚組です。渦を巻いた墨弾きの雲に秋草と鴨が描かれた風情のある図で、一枚一枚図に微妙なばらつきがあり、それがなにより時代を物語っています。時代的には藍柿(元禄期)よりさらに遡り寛文期(1661〜1672年)あたりのものかと考えています。<br>径186ミリ×高さ33ミリ<br>全体にフリモノはございますが、ホツやニュウは無く完品です。

1-537
藍九谷流水楓文7寸皿

価格応談
寛文期(1661〜1672年)<br>藍九谷流水楓文7寸皿です。白磁にあっさり流水に楓、裏文様と高台周りにも丁寧な仕事がなされ、洗練された印象の7寸皿です。白磁部分の風合いや呉須の色からも元禄よりさらに時代が遡る逸品であることが伝わってきます。「太明成化年製」銘<br>径210ミリ×高さ27ミリ<br>完品。
寛文期(1661〜1672年)<br>藍九谷流水楓文7寸皿です。白磁にあっさり流水に楓、裏文様と高台周りにも丁寧な仕事がなされ、洗練された印象の7寸皿です。白磁部分の風合いや呉須の色からも元禄よりさらに時代が遡る逸品であることが伝わってきます。「太明成化年製」銘<br>径210ミリ×高さ27ミリ<br>完品。

2-616
金塗りで古手福助人形

販売価格(税込): 0
Sold!
申し訳ございませんが、
只今品切れ中です。
Sold!

6-1018
元禄13年江戸中期の観音開き豆箪笥

価格応談
元禄13年(1700年)<br>底書きに達筆で「元禄13年」(西暦1700年)と明記された、もう少し早く造られていれば16世紀という江戸時代中期のとんでもなく古い観音開き小箪笥です。外観は観音開きの豆箪笥で右前角部や上角部など時代の擦れは激しくこの箪笥の歴史を物語っています。引き出し内部の木は飴色に変色し、他に類を見ない非常に枯れた状態で、紛れもなく元禄期の工芸品であることを物語っています。この時代のものは私どもの箪笥専門の取引業者さんでも過去において最古の箪笥であり、非常に希少なものと考えています。詳細を見れば見るほど江戸中期に知らず知らず思いをはせてしまう・・・そんな不思議な箪笥です。詳細は「商品詳細を見る」をクリックしてください。<BR>管理コード:CMLQAS-6844<br>幅540ミリ×奥行き370ミリ×高さ592ミリ(金具・ピン含む)<br>310年以上前のものですので時代の傷や擦れは多々ございますがそれが大きな魅力で各部使用上問題のないものです。枠組みもがっちりして枯れて味わい深い箪笥です。<br>
元禄13年(1700年)<br>底書きに達筆で「元禄13年」(西暦1700年)と明記された、もう少し早く造られていれば16世紀という江戸時代中期のとんでもなく古い観音開き小箪笥です。外観は観音開きの豆箪笥で右前角部や上角部など時代の擦れは激しくこの箪笥の歴史を物語っています。引き出し内部の木は飴色に変色し、他に類を見ない非常に枯れた状態で、紛れもなく元禄期の工芸品であることを物語っています。この時代のものは私どもの箪笥専門の取引業者さんでも過去において最古の箪笥であり、非常に希少なものと考えています。詳細を見れば見るほど江戸中期に知らず知らず思いをはせてしまう・・・そんな不思議な箪笥です。詳細は「商品詳細を見る」をクリックしてください。<BR>管理コード:CMLQAS-6844<br>幅540ミリ×奥行き370ミリ×高さ592ミリ(金具・ピン含む)<br>310年以上前のものですので時代の傷や擦れは多々ございますがそれが大きな魅力で各部使用上問題のないものです。枠組みもがっちりして枯れて味わい深い箪笥です。<br>

9-349
紀文堂龍口竹菊象嵌鉄瓶

販売価格(税込): 0
Sold!
申し訳ございませんが、
只今品切れ中です。
Sold!
このページの先頭へ